One Light News

One Light News 2020.07

One Light News 7月号更新しました!

だんだんと暑い日が増えていき、夏の訪れを感じるこの頃。

気温も高り、湿度も高いので、体調を崩しやすい季節でもあります。

「だるくて疲れやすく、食欲がない」…『夏バテ』を起こしてしまう人も多いのではないのでしょうか。

ーーーーーーーーーーーー

〇夏バテ対策

1.エアコンの設定温度をうまく調節する

エアコンの効いた室内と蒸し暑い外を往復すると、身体はその変化についていけません。5度以上の温度差に対しては、身体の温度調整機構はうまく働かないと覚えておきましょう。

 

2.夏の快眠のためには頭を冷やす

全身を冷やさなくても、頭が冷えるとそれだけで涼しく感じます。

 

3.暑くても冷たい飲み物がぶ飲みはNG

暑いと食欲が低下しがち。でも、冷たいものを摂りすぎると、胃液が薄まり、消化機能の低下を招いてしまいます。

 

4.少量でも良質のたんぱく質、ビタミン、ミネラルを摂る

夏バテ防止に効果的な食事の摂り方は、たんぱく質、ビタミン、ミネラルをバランスよく摂るようにすることです。豚肉や精製していない穀物、豆類などに多く含まれます。枝豆も効果的です。

 

5.刺激の強い食べ物を味方にする

胃腸を刺激すると食欲が増進します。胃液の分泌を促す食べ物には、辛い物や香辛料、香味野菜などがあります。辛いものは発汗による夏バテ防止効果も期待できます。レモン・お酢などの酸味も食欲増進、疲労回復効果があります。

 

6.夏太りに注意する

最近は、夏ヤセよりも夏太りする人が増えているそうです。これは、エアコンの効いている部屋にいるにもかかわらず、昔の夏バテのイメージを引きずって、暑さで体力を落とさないように、とついつい食べ過ぎてしまっていることも原因のようです。

 

7.運動や半身浴で上手に汗をかいて

汗をかくのはカラダの温度調節のためにとても必要です。血流もよくなり、老廃物も出てゆくという効果もあります。軽く散歩をするなど適度な運動を心がけましょう。半身浴などでぬるめのお風呂にゆっくりつかるのもよいでしょう。

【営業時間】
月曜日~日曜日 10:00~20:00

【本社所在地】
〒560-0036
大阪府豊中市蛍池西町1-16-15 サンシャインビル201
06-7709-0397

お問い合わせ

弊社の事業に関すること、採用に関することなど
まずはお気軽にお問い合わせください。