One Light News

OneLightNews2022.04 Vol.2

春の日差しが心地よい季節になりましたが、お変わりなくお過ごしでしょうか。

ーーーーーーーーーーーーーー

さて、今回は今月の14日タイタニック号の日(SOSの日)についてご紹介いたします!

 

【タイタニック号に何が起きたのか?】

1912年(明治45年)の4月14日に、初航海中のイギリス大型客船「タイタニック号」が、氷山に激突し、翌日未明にかけて沈没してしまいました。

イギリスのサザンプトン港からニューヨークに向けて出発した4月10日から、わずか4日後でした。

沈没に要した時間はわずか2時間40分で、乗客乗員約2200人のうち1500人以上が亡くなりました。

また、タイタニック号に乗っていた多くの犬たちなど、多くの生き物も犠牲となりました。

救命ボートで救出された犬は、小型犬3頭であったそうです。

 

【なぜ“SOSの日”ともいわれているのか?】

SOSの日といわれるのにはタイタニック号の事故が関係しています。

このSOSの日が制定されたのは、タイタニック号が沈没した1912年です。

タイタニック号から世界で初めてSOS信号が発せられたといわれており、このことから、SOSの日は4月14日に制定されました。

また、SOSの日は正しい認識を持ってもらいたいという意味合いがあり、SOS信号の大切さを表す日でもあります。

 

【営業時間】
月曜日~日曜日 10:00~20:00

【本社所在地】
〒560-0036
大阪府豊中市蛍池西町1-16-15 サンシャインビル201
06-7709-0397

お問い合わせ

弊社の事業に関すること、採用に関することなど
まずはお気軽にお問い合わせください。