One Light News

OneLightNews 2022.12

12月になり、今年もあと残り数日となりましたね。

みなさまは、この1年はいかがお過ごしでしたか??

さて、今回は年末のイベントの一つ大晦日(年越し)について、日本以外の国ではどのように過ごすのかご紹介いたします!

ー-------------

【スウェーデン・フィンランド】

スウェーデンとフィンランドでは、米をミルクで煮た甘くておいしいライスプディングがデザートとして出されます。中にアーモンドが隠されており、見つけて食べた人は、ラッキーな1年を過ごせるというものです。

【アメリカ】

アメリカ南部では、大晦日にトウモロコシの粉を使って焼いたパンのコーンブレッドを食べる習慣があります。黄色いコーンが金のように見えることから、年越しにコーンブレッドを食べれば来年も繁栄・成功できると信じられています。

【フィリピン】

新年はお金に困ることがないという言い伝えのもと、金貨の形である丸いものを食べるそうです。

【スペイン】

スペインでは1909年以降、大晦日の夜中に鳴り響く12回の鐘の音に合わせて、12粒のぶどうを食べる習慣が根付きました。「幸運を呼ぶ12粒のブドウ」と呼ばれ、12粒食べきると幸運をもたらすというスペインの伝統であり、迷信でもあります。

【メキシコ】

オレンジ入りのピニャータを叩いて悪魔祓いをします。ピニャータとは動物等の形をした立体的な紙製の人形で、大晦日は七つの角がついたピニャータが使われます。中身も決まっており、オレンジ・みかん・サトウキビ・はちみつなどが入っています。

【ブラジル】

ブラジルでは、レンズ豆は富と繁栄を招く縁起物とされており、大晦日には料理に取り入れられ、お米とレンズ豆のスープがよく作られるそうです。



ー-------------

最後になりましたが、本年も格別のご愛顧を賜り厚くお礼申し上げます。 来年もスタッフ一同、皆様にご満足頂けるサービスを心がける所存でございますので、より一層のご支援を賜りますよう、お願い申し上げます。

2022年12月

【営業時間】
月曜日~日曜日 10:00~20:00

【本社所在地】
〒560-0036
大阪府豊中市蛍池西町1-16-15 サンシャインビル201
06-7709-0397

お問い合わせ

弊社の事業に関すること、採用に関することなど
まずはお気軽にお問い合わせください。